会社内の情報を大勢に共有するなら|チャットシステムがお勧め

ウーマン

便利な機能

女性

業務の自動化

入金や情報などの一度入力したデータを解除することを消し込みといいます。現在では、属人化してしまった請求消し込み業務を解消するソフトも開発されています。基本操作は主に2つで、請求データのアップロードと新規取引先設定です。そのため、これまで行っていた請求書の発行や、毎回同じ振込人を特定する作業は必要ありません。請求消し込みをサポートするソフトは、一般的に専用機器の準備はいりません。所有しているパソコンをインターネットに接続するだけで、始めることが可能です。業務では、担当者が請求データと新規取引先データをアップロードします。その請求データをもとに、請求書を自動発行します。取引先に入金をすると、その情報を消し込み機能を販売している会社が受け取り、自動消し込み処理が行われます。担当者は、消し込み結果を受け取り、消し込まれていない入金を紐付けて登録します。これで請求消し込みの一連の作業は完了です。結果は、画面や計算ソフトなどで確認することが出来ます。請求消し込みソフトが属人化を解消するポイントは、学習機能とグルーム消込です。学習機能は一度紐付けた取引先情報はすべて憶えるため、消し込みでの照合率がアップします。次に、本社と支社のような1つの取引先で複数の請求があっても、本社から一括入金されるケースでは、金額の照合に戸惑いがちです。このような場合に、グルーム機能を利用すれば、1つの取引先にまとめて消し込みが出来るのです。