会社内の情報を大勢に共有するなら|チャットシステムがお勧め

ウーマン

従業員のメンタルチェック

スーツの人

活用してリスクを減らそう

企業が従業員のメンタルの状態を把握する方法の中で、「ストレスチェック」があります。労働安全衛生法の改正により、2015年12月より50人以上の従業員がいる事業所で義務化されました。仕事による精神疾患は近年でも大きな問題となっており、その経済的損失は莫大なものであり、何よりも患者自身とその家族の人生にも大きな影響を及ぼします。従業員の抱えるストレスを調査し、そこから会社の問題点を洗い出して、企業として何が出来るのかを考える指標となるのがこのストレスチェックです。ストレスチェックの活用方としては、まずは従業員がどのようなことにストレスを感じているかを分析し、そこから対策を考えましょう。メンタルの不調の原因が長時間労働であれば、労働時間の適性化を図るべく、長時間労働の是正へと繋げられますし、パワーハラスメントが原因であれば、職場の意識を改革すべく、パワーハラスメントに関する社員教育を強化するべきでしょう。場合によっては聞き取り調査を行うなど、従業員の生の声を拾う必要もあります。また、ストレスチェックの結果によっては、高いストレスを背負っている従業員を把握することもできます。そうした従業員へは医師による健康指導を勧めるなどし、病気になるのを未然に防ぐようにします。なお、高ストレス者から医師との面接を希望する旨の申し出があった場合、企業はその申し出を受ける義務を負っています。従業員の健康を守ることは、会社が一丸となることへと繋がり、社業にも良い影響を及ぼします。このストレスチェックを活かして、従業員の健康管理に万全を期したいものです。